ミュージック・マガジン2022.12
12月号 11月18日発売

MUSIC MAGAZINE 2022.12 【特集】坂本龍一

坂本龍一の70歳を記念して、トリビュート・アルバム『A Tribute to Ryuichi Sakamoto - To the Moon and Back』がリリースされる。10年ぶりに歌唱を披露したデヴィッド・シルヴィアンをはじめ、サンダーキャット、デヴォンテ・ハインズ、大友良英ら、国境を超えたミュージシャンが集結し、坂本の楽曲を“リモデル”。これを機に、改めてその魅力を探る◆デヴィッド・シルヴィアン、大友良英が語る坂本龍一◆トリビュート盤全曲ガイド◆Netflixアニメ『エクセプション』

■Original Love■ROTH BART BARON■ブルース・スプリングスティーン■ドライ・クリーニング■フランツ・フェルディナンド■ハードコア・パンク ほか

詳しくはこちら

レコード・コレクターズ2022.12
12月号 11月15日発売

レコード・コレクターズ 2022.12【特集】『大瀧詠一 乗合馬車(Omnibus)50th Anniversary Edition』

大瀧詠一の当初の構想をもとに再構築したファースト・ソロの50周年記念盤◆三浦光紀×湯浅学──どの曲もちゃんと3分前後で出来上がってるんですよ。あれはシングルの発想ですよね◆はっぴいえんどからアメリカン・ポップス追求の旅へと進んでいく移行期の記録◆ロックとポップのはざまを遊泳したソロ・アルバム◆実験と遊びに満ちた作品をリズム面から紐解く◆大滝詠一の作詞、拍子、拍手◆『大瀧詠一』全曲ガイド◆50th Anniversary Edition解説◆カセットなど様々な形態の再発◆ベルウッド ハイレゾ配信シリーズ◆サブスクで聴くベルウッド

■ビー・ジーズ■マイケル・ジャクソン■ビーチ・ボーイズ■ジミ・ヘンドリクス■今井優子■伊東ゆかり ほか

詳しくはこちら

レコード・コレクターズ増刊 レコード・ダイアリー2023
10月18日発売

レコード・コレクターズ増刊 レコード・ダイアリー2023

毎年、皆さんにご愛顧いただいている『レコード・ダイアリー』。2023年はレコスケくん with レコード・バッグ! レコスケくんたちがレコード・バッグを片手に街へ繰り出します! レアなキャラクターたちも登場!? いつでもどこでも持ち歩けるハンディなサイズで、洋楽ロックのアルバム・リストつき(約200アーティスト)。音楽ファンのための、毎日が楽しくなるダイアリーです。

詳しくはこちら

レコード・コレクターズ増刊 ロック・アルバム200 創刊40周年スペシャル
9月27日発売

レコード・コレクターズ増刊 ロック・アルバム200 創刊40周年スペシャル

オールタイムのロック・ベスト200がついに決定! 皆さんからご好評をいただいたレコード・コレクターズ2022年5〜8月号の「ロック・アルバム200」特集。この増刊はその完結編です。新たな投票で決定する60〜90年代のロック・アルバム・ランキング。その頂点に立つのはどの作品か!?◆レココレ執筆陣による60〜90年代のロック・アルバム200決定!◆「あなたが選ぶロック・アルバム・ベスト50」アンケート結果発表!◆読者が選ぶ「わたしの一枚」◆あがた森魚、亀渕昭信、近田春夫が選ぶベスト20◆ランキング分析座談会〜小倉エージ×柴崎祐二×松永良平◆60年代/70年代/80年代/90年代の年代別ロック・アルバム・ベスト200

詳しくはこちら

MUSIC MAGAZINE増刊 筒美京平の記憶
3月14日発売

MUSIC MAGAZINE増刊 筒美京平の記憶

馬飼野元宏(監修)

名曲の数々は、どのようにして生まれたのか──。2020年10月に惜しくも亡くなった、日本の歌謡界を代表する作曲家、筒美京平。生前ほとんどメディアに登場しなかった筒美京平の音楽制作とはどのようなものだったのか。彼の楽曲を歌った歌手はもちろん、作詞家、編曲家、ディレクターその他関係者の証言から、数々の名曲が生まれた現場の様子を浮かび上がらせる!

詳しくはこちら