レコード・コレクターズ2015年1月号

January
12月15日発売

レコード・コレクターズ
2015年1月号

定価823円(本体762円)
A5判260ページ
2015年1月1日発行
[雑誌19637-1]


【特集】はっぴいえんど

年末にかけて、はっぴいえんど関連のボックスやアナログ盤、写真集アプリなどが続々とリリースされました。CD/LP/ハイレゾ・ダウンロードでファーストとセカンド・アルバムを収録したボックスはロンドンで新たにマスタリング。はっぴいえんどの3作目のアルバムや細野晴臣、大滝詠一らのアルバムを含むベルウッドの10タイトルは最近また人気の復活したアナログ重量盤での復刻。本誌での連載の再録も含まれた野上眞宏さんの電子写真集ははっぴいえんどを中心とするアプリで、紙媒体では不可能なヴォリュームが実現しました。およそ45年前の彼らの活動が、現在進行形の技術で甦ったその成果を味わってみましょう。

  • 鈴木茂インタヴュー~今回のマスタリングは、ストライク・ゾーンにばっちり入った感じですね(サエキけんぞう)
  • 『ゆでめん』ができるまで~はっぴいえんど制作担当ディレクターの証言(小倉エージ)
  • はっぴいえんどの歌詞の文末をとらえ直す(細馬宏通)
  • 21世紀の品質と技を投入した『はっぴいえんど マスターピース』(武田昭彦)
  • 全曲/全テイク・ガイド完全版(篠原章)
  • 志磨遼平 ベルウッド愛を大いに語る(志田歩)
  • <ベルウッドLPコレクション>のカッティング監修にあたって(和田博巳)
  • 写真家・野上眞宏インタヴュー~はっぴいえんどを軸に記録した、見て読んで聞いて楽しむ画期的な電子写真集(松永良平)
  • 百花繚乱のカヴァー曲に受け継がれゆくバンドの精神(水上徹)

【特集】大滝詠一

2014年の3、4月号以来となる大滝詠一の特集をお届けします。本人が歌う「夢で逢えたら」も収めた2枚組ベスト盤『Best Always』と、生前、ジュークボックスに入れて愛聴していたシングル曲を集めた『大瀧詠一のジュークボックス』が、ワーナー、ユニバーサル、ソニーの3社から発売となりました。主に60年代前半にラジオから浴びたポップやロックンロールへの検証を重ね、自身の作品に昇華していった大滝詠一の“頭の中”について想いをめぐらせる、幸せなひとときを本特集とともに過ごしませんか。

  • 幅広い音楽性に眩暈すら覚える、初のオールタイム・ベスト盤(島村文彦)
  • 大滝詠一のジュークボックス大図解(大仲宏忠)
  • 『大瀧詠一のジュークボックス』シリーズとヒット・パレード黄金期(澤山博之)
  • ‘Be My Baby’ の邦題から見えてくるもの(菅田泰治)

【特集】キング・クリムゾン『暗黒の世界』

年末の恒例と化してきたキング・クリムゾンの豪華リイシュー・プロジェクト。2012年の『太陽と戦慄』、2013年の『レッド』に続き、今回はその両アルバムを繋ぐ重要作『暗黒の世界』が驚愕の27枚組で登場です。ロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブルフォード、デイヴィッド・クロスという名うての4人が揃ったライヴ演奏へのニーズは、過去にも『ザ・グレート・ディシーヴァー』や『ザ・ナイトウォッチ』といった人気盤があるとおり。最新ボックスでこの時期の演奏を堪能し尽くしましょう。

  • グラフィック・ステーション──『暗黒の世界』のオリジナル盤
  • ライヴ会場を録音スタジオとして機能させた、その刹那的挑発行為(松井巧)
  • 全曲ガイド(小山哲人)
  • 国産の激烈なる『暗黒の世界』収録曲カヴァー/オマージュ(行川和彦)
  • 『暗黒の世界 40thアニバーサリー・ボックス~スターレス』解説(石川真一)
  • エレメンツ~“新生キング・クリムゾン”のツアー時に販売されたレア音源入りボックス(石川真一)
 
  • キンクス
    パイ時代初の本格的アンソロジー・ボックス5枚組が未発表音源多数で登場!(犬伏功)
  • ザ・フー
    新曲を含んだ50周年ベスト盤と新ミックスによる発見も多いハイレゾ音源が発売に(犬伏功)
  • ジェネシス
    往年の仲間が集まり語るドキュメンタリーやオールタイム・ベスト盤ほか続々と(中島靖雄)
  • サイモン&ガーファンクル
    既発売の発掘ライヴも含む全公式アルバムを収録したコンプリート・ボックス(五十嵐正)
  • ブルース・スプリングスティーン
    初期7作のリマスター集『アルバム・コレクションVOL1 1973-1984』(岡田敏一)
  • フリー・ソウル
    ソウル/ダンス系のレーベル単位で選曲したウルトラ・ヴァイヴ盤を総ざらい(林剛)
  • ポール・マッカートニー
    新たなコンテンツでさらにグレード・アップした『NEW-コレクターズ・エディション』(森山直明)
  • 『12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ』
    ポール・マッカートニーの目から見つめたニューヨークの“インサイド・ドキュメンタリー”(長谷川町蔵)
  • AC/DC
    マルコム・ヤングの不在を感じさせない極上グルーヴが詰まった新作『ロック・オア・バスト』(杉原徹彦)
  • 竹内まりや
    ターニング・ポイントともなった代表作『VARIETY』の30周年記念盤がリリース(遠藤哲夫)
  • ウクレニカ/チロリン
    岡田徹がプロデュースしたウクレレ四重奏団によるムーンライダーズ・カヴァー新作ほか(除川哲朗)
  • やしきたかじん
    ベルウッド/キングの全シングルとライヴ音源を集めた2枚組(中村よお)
  • ザ・フー・トリビュート・ナイト
    ロジャーも降臨! 一夜限りの大祭典(富岡秀次)
REGULAR CONTENTS
  • リイシュー・アルバム・ガイド
    国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
    *今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
    *ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
  • インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
  • [連載]写真家ゲレッド・マンコウィッツが語る英国ロックの伝説(佐藤信夫)/ビートルズ来日学(宮永正隆)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/長門芳郎のマジカル・コネクション【NEW】/ストリング・ゼム・アロング(ジョージ・カックル)/洋楽マン列伝~中村弘之氏(篠崎弘)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/続・蒐集奇談(岡田則夫)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7”【NEW】/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)

バック・ナンバー

 

ページ・トップへ