レコード・コレクターズ2018年12月号

December
11月15日発売

レコード・コレクターズ
2018年12月号

定価823円(本体762円)
A5判268ページ
2018年12月1日発行
[雑誌19637-12]


【特集】ザ・ビートルズ『ザ・ビートルズ』

2017年の『サージェント・ペパーズ』に続いてビートルズの50周年盤がリリースされました。通称『ホワイト・アルバム』として知られるこの1968年の2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』には、当時のメンバー個々の興味が反映され、驚くほどの幅広い音楽が収録されていました。そのため当時は“問題作”とも言われたようですが、今日の高い評価はご存知の通りです。ジャイルズ・マーティンのリミックスに未発表テイクやデモの数々が加えられた50周年記念盤を片手に、この大作の謎に改めて迫ってみたいと思います。

  • ジャイルズ・マーティン・インタヴュー+試聴会リポート(富岡秀次)
  • レコスケくん[ドント・パス・ミー・バイ]の巻(本秀康)
  • 既存の壁を打ち破り、表現の可能性をあらゆる方向に拡げた風通しの良い名作(大鷹俊一)
  • 68年の作品だけど、70年代がここから始まってるのがわかる(対談=鈴木惣一朗/ワールドスタンダード × 直枝政広/カーネーション、構成=松永良平)
  • 現役エンジニア中村公輔に『ホワイト・アルバム』の録音事情を聞く(宮崎貴士)
  • 4人の総意を越えて浮かび上がった“ビートルズ満漢全席”(湯浅学)
  • 疲弊した時代の雰囲気が雲のように覆う“真っ白なアルバム”の歌詞を考える(朝日順子)
  • 『ザ・ビートルズ』全曲ガイド(萩原健太)
  • 50周年記念エディション解説(森山直明)
  • 初盤道 拡大版~『ザ・ビートルズ』(真保安一郎)
  • グラフィック・ステーション~『ザ・ビートルズ』各国盤/シングルほか

【特集】ボブ・ディラン『血の轍』

1974年にアサイラムから発表した移籍作『プラネット・ウェイヴズ』は、ボブ・ディランにとって初の全米1位をもたらします。続いて同年にリリースしたザ・バンドとのライヴ盤も全米3位と大成功。飛ぶ鳥を落とす勢いでコロンビアと再契約すると、彼にとっての最高傑作とも評される『血の轍』の制作に取り掛かります。しかし一方で、妻サラとの関係は離婚の危機に陥っていました。アルバム制作時の音源を時系列に収めたブートレッグ・シリーズ最新作『モア・ブラッド、モア・トラックス』からは、そんな彼の心の動きまでが見えてくるようです。

  • 自身の内面とチェーホフの短編を題材に、一段高いレヴェルに到達したコロンビア復帰作(佐野ひろし)
  • 『血の轍』全曲ガイド(五十嵐正)
  • 『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ 第14集):デラックス・エディション』解説(青山陽一)
 
  • ビリー・ジョエル
    録音哲学に貫かれた『ニューヨーク52番街 -40周年記念デラックス・エディション-』(武田昭彦)
  • デイヴィッド・ボウイ
    ファンの評価も分かれる83~88年の音源を収めたアーカイヴ・ボックスの第4弾(サエキけんぞう)
  • ローリング・ストーンズ
    94年のマイアミ公演を記録した映像/音源の完全版と『ベガーズ・バンケット』50周年記念エディション(藤井貴之)
  • キング・クリムゾン
    8人編成では初となる来日公演を間近に控えその予習に最適な新作ライヴが登場!(石川真一)
  • ザ・キンクス
    関連音源の集大成/新発掘で、決定版となった“ヴィレッジ・グリーン”の50周年記念ボックス(犬伏功)
  • ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス
    1968年の空気を感じさせる傑作ダブル・アルバムの50周年を祝う豪華拡張版(小出斉)
    ブルーレイ収録のハイレゾ音源(武田昭彦)
  • トム・ペティ
    多くの未発表曲/ライヴ音源を含みつつ選曲にもこだわった4CD『アメリカン・トレジャー』(若月眞人)
  • レゾナンス/リール・トゥ・リアル・レーベル
    エリック・ドルフィーの未発表録音を含む3枚組などの発掘音源がリリース(原田和典)
  • 近田春夫
    インタヴュー~鋭いユーモア感覚も健在のソロ名義としては38年ぶりとなる新作(加藤義彦)
  • アン・ルイス
    ベスト盤と楽曲提供者によるセルフカヴァーを中心にした贅沢な2枚組(木村ユタカ)
  • <アライヴ・ザ・ライヴ>レーベル
    放送用音源のライヴ盤シリーズからクイーンとデイヴィッド・ボウイの計6作が登場(岡田敏一)
  • プライマル・スクリーム
    現代の耳に味わい深く響くトム・ダウドによる米国南部録音が25年を経て日の目を見る(池上尚志)
  • 野宮真貴
    インタヴュー~自身が象徴でもある渋谷系のカヴァー・シリーズから代表曲をまとめたベスト盤(油納将志)
  • 玲里
    インタヴュー~難波弘之を父に持つ気鋭の女性シンガー・ソングライターの実力派ミュージシャンを揃えた新作(立川芳雄)
  • クニオ・キシダ
    インタヴュー~サザン・ロックを志す仲間の心意気とヴィンテージ・ギターの豊かな音色が詰まった新作(近藤正義)
  • 坂田晃一
    テレビ・ドラマの主題歌や劇伴を幅広く手がける作曲家の作品集第2弾(上原昭一)
  • ザ・クロマニヨンズ
    勢いで聴いても良し、じっくりと構えても良しの新作(大鷹俊一)
  • ペンフレンドクラブ
    王道の選曲に本気で挑んだ入魂のクリスマス・アルバム(犬伏功)
REGULAR CONTENTS
  • リイシュー・アルバム・ガイド
    国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
    *今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
    *ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
  • インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
  • [連載]ミュージック・ゴーズ・オン~菅原慎一(シャムキャッツ)(柴崎祐二)/桑本正士が写した音楽と記憶の風景(長門芳郎)/ビートルズ来日学(宮永正隆)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/ヴィクター・ハーバートから夢綴るロスト・アメリカーナ(高橋健太郎)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7”/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/初盤道(真保安一郎)/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)

バック・ナンバー

 

ページ・トップへ