ミュージック・マガジン2020年6月号

June
5月20日発売

ミュージック・マガジン
2020年6月号

定価880円(本体800円)
A5判200ページ
2020年6月1日発行
[雑誌08479-6]


【特集】KOHH

2020年1月16日に行われたワンマン・ライヴのステージ上で、KOHHが突如引退を表明した。2010年代を通して、日本のヒップホップをリードしてきたトップランナーはいま何を考えているのか。これまでの功績を振り返りつつ、ロング・インタヴューで現在の心境、今後のヴィジョンに迫る。

  • ロング・インタヴュー〜曲作り自体が遊びだから、全部遊びです(二木信)
  • ヒストリー〜北区王子の団地から世界へ(渡辺志保)
  • 最新作『worst -Complete Box-』解説(吉田雅史)
  • 作品ガイド(imdkm、上神彰子、二宮慶介)
  • 客演作品ガイド(斎井直史)
  • 日本ラップ史におけるKOHHの特異性(荏開津広)
  • KOHHのリリック論(矢野利裕)

【特集】コロナ・ショックと音楽

3月以降、日本全国のライヴハウスやコンサート・ホールが次々に営業を停止した。世界中からの来日公演も軒並み延期を迫られた。国内のミュージシャンもツアーやコンサートを中止した。CDの生産ラインがストップし、予定されていた多くの作品の発売が延期された。現在も世界中を脅かしている新型コロナウイルスは、音楽業界にも未曾有のダメージを与え、まだ一筋の光も見えない様相が続いている。そんな中で、多くのミュージシャンやライヴハウス関係者たちが、前を向いて動き出した。新型コロナウイルスと音楽について、これまでの流れを検証しつつ、これからの音楽をめぐる状況について考える。

  • アフター・コロナの世界で、音楽はどうなっていくのか(高橋健太郎)
  • 海外ミュージシャンの動き(渡辺裕也)
  • 国内ミュージシャンの動き(村尾泰郎)
  • 対馬芳昭(origami PRODUCTIONS)インタヴュー(高岡洋詞)
  • スガナミユウ(LIVE HAUS)インタヴュー(高岡洋詞)
  • ロックダウンの街、ニューヨーク(堂本かおる)
 
  • The 1975〜前作と対になる新作(油納将志)
  • エイジアン・ダブ・ファウンデイション〜パワー全開の5年ぶり新作(石田昌隆)
  • サニーデイ・サービス〜コロナ禍で新譜をフィジカル・リリース(小野島大)
  • くるり〜急遽発表された未発表曲集(名小路浩志郎)
  • ニュー・スタンダード2020s〜第5回 カリビアン・ジャズ(柳樂光隆、村井康司、吉本秀純)
  • ジョン・スコフィールド(原田和典)
  • マズ(大鷹俊一)
  • ルイーザ・ソブラル(山口詩織)
  • オーストラリア音楽の現在(原雅明)
    オーストラリア音楽ディスク・ガイド(高橋アフィ、柳樂光隆、原雅明)
  • 本秀康の音楽イラストレーション集(安田謙一)
Front Line
  • パフューム・ジーニアス
  • ブルーノ・メジャー
  • YOUR SONG IS GOOD
  • mei ehara
  • uminecosounds
  • 原摩利彦
REGULAR CONTENTS
  • アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
    KOHH/The 1975/Moses Sumney/Dua Lipa/The Weeknd/Clap! Clap!/サニーデイ・サービス/堀込泰行 ほか
  • クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
  • アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200~300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
  • 輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
    Fresh Bread/Laura Marling/Clem Snide/Jogging House/DaBaby/Jessie Reyez/Luciana Souza/Eleni Vitali ほか
  • [連載]近田春夫の帯に短し襷に長し/寺尾紗穂の戦前音楽探訪/入江陽のふたりのプレイリスト〜asuka ando/木津毅のLGBTQ通信/安田謙一のこれがヒットか!?/野沢あぐむの痛快!艶歌まる齧り/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー
  • 国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など

バック・ナンバー

 

ページ・トップへ