ミュージック・マガジン2018年11月号

November
10月20日発売

ミュージック・マガジン
2018年11月号

定価823円(本体762円)
A5判196ページ
2018年11月1日発行
[雑誌08479-11]


【特集】音楽と映画

ホラー映画『サスペリア』のリメイク版の音楽をレディオヘッドのトム・ヨークが手がけることが発表された。同じくレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドは近年映画音楽の分野で優れた作品を数々残し、日本でもtofubeatsや曽我部恵一など、ポップ・フィールドで活躍するミュージシャンによる映画音楽がより注目を集めるようになっている。2010年代の動きを中心に、過去の名作にも触れながら、音楽と映画について考えてみたい。

  • トム・ヨーク『サスペリア』を中心に、2010年代以降の“音楽と映画”の関係を振り返る(村尾泰郎)
  • tofubeatsインタヴュー~新作『RUN』と映画『寝ても覚めても』(安田謙一)
  • 曽我部恵一インタヴュー~映画『止められるか、俺たちを』(大谷隆之)
  • 2010年代の重要サントラ23選(大谷隆之、木津毅、清水祐也、土佐有明、長谷川町蔵、村尾泰郎、安田謙一、渡辺亨、矢川俊介)
  • ポップ・ミュージシャンが音楽を彩った過去の名画たち(渡辺亨)
  • 2010年代の音楽ドキュメンタリー/伝記映画の重要作(木津毅)
  • 「音楽」をテーマにした2010年代の映画(長谷川町蔵)
 
  • 近田春夫~歌手に徹した38年ぶりのソロ名義作(池上尚志)
  • 東京キューバンボーイズ×民謡クルセイダーズ~日本独自のラテン音楽を追求(大石始)
  • ララージ~再評価の波を受けて来日した環境音楽家(松山晋也)
  • スライ&ロビー meet ニルス・ペッター・モルヴェル~ダブとトランペットによるフレッシュなサウンド(石田昌隆)
  • skillkills~新録セルフ・カヴァー・ベストをリリース(小林野渉)
  • エルヴィス・コステロ(廣川裕)
  • プライマル・スクリーム(小野島大)
  • リック・ウェイクマン(大鷹俊一)
  • ダニー・マッキャスリン(佐藤悠)
  • キャンディス・スプリングス(宮子和眞)
  • ジョージア・アン・マルドロウ(原雅明)
  • アンカーソング(坂本哲哉)
  • 冬にわかれて(矢川俊介)
  • ほたるたち/穂高亜希子(松永良平)
  • Crispy Camera Club(西澤裕郎)
  • ポップしなないで(宗像明将)
  • THE TOMBOYS(高岡洋詞)
Front Line
  • カート・ヴァイル
  • マーカス・キング・バンド
  • ビル・チャンプリン・アンド・ワンダーグラウンド
  • イヴ・トゥモア
  • ヨーコ・オノ
  • スカート
  • Rei
  • 吉澤嘉代子
  • MINAMI NiNE
  • The Songbards
  • 沖仁
REGULAR CONTENTS
  • アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
    Thom York/Blood Orange/Paul Weller/Elvis Costello/Georgia Anne Muldrow/tofubeats/堀込泰行/折坂悠太 ほか
  • クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
  • アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200~300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
  • 輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
    Mac Miller/Noname/Richard Swift/Lonnie Holley/Miles Kane/Candi Staton/Luciana Souza/Adekunle Gold ほか
  • [連載]安田謙一のこれがヒットか!?/吉田豪のアイドル・マスター!/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー
  • 国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など

バック・ナンバー

 

ページ・トップへ