レコード・コレクターズ
レコード・コレクターズ2018年3月号

レコード・コレクターズ
2018年3月号

定価823円(本体762円)
A5判256ページ
2018年3月1日発行
[雑誌19637-3]


【特集】シティ・ポップ 1973-1979

1970年代の日本で作られるようになった、都市で生きることを歌った新しい音楽。米英のロックやソウルの当時の動きとも呼応して生まれたそれらの音楽はシティ・ポップと呼ばれるようになり、1990年代~2000年代を通して再評価が進みました。さらに近年、若い世代や海外からも注目を集めるようになり、シティ・ポップの新たな捉え直しが目立ってきました。今回はこれまでとは異なる視点も踏まえながら、その尽きない魅力に迫ります。

  • 自分たちが暮らす都市を描く音楽として捉えなおされるシティ・ポップ(松永良平)
  • 米国シーンの流れを同時代的に取り入れたクールな日本の音楽(渡辺亨)
  • ブラジルのシンガー、エジ・モッタが語るシティ・ポップの魅力(中原仁)
  • ハワード・ウィリアムズ(英国人DJ/ディストリビューター)インタヴュー~日本独自のソウルやファンクが、西欧の耳にとって聴くべきものになっているんだ(松永良平)
  • シティ・ポップ 1973-1979 名盤選(池上尚志、遠藤哲夫、小川真一、片島吉章、金澤寿和、北中正和、小山守、篠原章、柴崎祐二、清水瑶志郎、ヒロ宗和、高木龍太、武田昭彦、立川芳雄、土佐有明、中村彰秀、人見欣幸、馬飼野元宏、松永良平、水上徹、宮子和眞、村尾泰郎、安田謙一、除川哲朗)

【特集】ロキシー・ミュージック──デビュー作の衝撃

「リ・メイク/リ・モデル」──既成の音楽やアートの再構築を旗印に掲げ、グラム・ロックの黄金時代に颯爽と登場したロキシー・ミュージック。同時代だけでなく、後のニュー・ウェイヴ・シーンにも多大な影響を与えた彼らのデビュー・アルバムが、待望の拡大版で登場しました。ロックンロールからアヴァンギャルドまでを一枚の中に収めた音楽性の豊かさは、どのように構築されていったのか。貴重なデモ・テープ音源、BBCセッション、別ヴァージョンやレア映像を収めた今回の4枚組を核に、アルバム『ロキシー・ミュージック』の本質とその画期性を検証します。

  • “芸術工房”から生み出された全く新しい音楽スタイル(大鷹俊一)
  • 『ロキシー・ミュージック』の英米オリジナル盤
  • ジャケットを飾った女性モデル(大鷹俊一)
  • 『ロキシー・ミュージック』全曲ガイド(サエキけんぞう)
  • 4枚組<スーパー・デラックス・エディション>解説(赤岩和美)
 
  • フリートウッド・マック
    初出となるライヴ音源や別ヴァージョンを大量に加えた『ファンタスティック・マック』の拡大版(青山陽一)
  • 『「翼をください」を作った男たち~山上路夫・村井邦彦作品集』
    山上路夫が語る創作の裏話(鈴木啓之)
  • ジュールズ・シアー
    インタヴュー~ウッドストックの近しい音楽家たちが参加した最新作を語る(若月眞人)
  • ザ・ヤードバーズ
    グループ末期の姿を捉えた、ライヴ音源のリミックス版とスタジオ録音の生々しさ(犬伏功)
  • 2017年1~12月号 アルバム総索引/記事一覧
 
 
REGULAR CONTENTS
  • リイシュー・アルバム・ガイド
    国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
    *今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
    *ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
  • インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
  • [連載]写真家ゲレッド・マンコウィッツが語る英国ロックの伝説(佐藤信夫)/ビートルズ来日学(宮永正隆)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/ヴィクター・ハーバートから夢綴るロスト・アメリカーナ(高橋健太郎)/追憶の泰安洋行(長谷川博一)/長門芳郎のマジカル・コネクション/洋楽マン列伝~江川雄一氏(篠崎弘)/続・蒐集奇談(岡田則夫)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7”/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/初盤道(真保安一郎)/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)
 

ページ・トップへ