レコード・コレクターズ
レコード・コレクターズ2017年4月号

レコード・コレクターズ
2017年4月号

定価823円(本体762円)
A5判248ページ
2017年4月1日発行
[雑誌19637-4]


【特集】ポール・マッカートニー『フラワーズ・イン・ザ・ダート』

ポール・マッカートニーのアーカイヴ・コレクションの第10弾は、1989年の『フラワーズ・イン・ザ・ダート』。エルヴィス・コステロとの共作曲が収録されたり、新規メンバーや多くのプロデューサーも参加したことで彼自身の意欲も高まったのでしょう。80年代のポール作品としても特に評価が高いアルバムの、制作の過程に迫る豪華版の登場です。

  • 来日公演を振り返る~再び武道館のステージに立つまでの長い道のり(宇田和弘)
  • グラフィック・ステーション
    『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のオリジナル盤ほか
    『フラワーズ・イン・ザ・ダート』関連のシングル盤
  • レコスケくん「ポール、泥時代からの脱出」の巻(本秀康)
  • 精力的に走り続けるポールの現在~その最大の原動力となった“起死回生”のアルバム(大鷹俊一)
  • 『フラワーズ・イン・ザ・ダート』が見据えた21世紀型マッカートニー(宮崎貴士)
  • エルヴィス・コステロとの共同作業がもたらした明快な歌(和久井光司)
  • 全曲ガイド(サエキけんぞう)
  • シングルほかで聞けるアルバム未収録曲(森山直明)
  • 『デラックス・エディション』解説(萩原健太)
  • 関係者名鑑(若月眞人)

【特集】ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスンの生誕74周年を記念して、アップル~ダーク・ホースに残された13枚のアルバムがまとめてLPボックスでリリースされます。日本ではSHM-CD仕様/最新リマスターを使用してそれぞれのアルバムを発売。『不思議の壁』『電子音楽の世界』を除くアルバムが、世界で初めて紙ジャケット化されました。この機会にジョージの音楽人生を、改めて振り返ってみましょう。

  • オリジナル・アルバム13タイトルが一挙にリイシュー(森山直明)
  • ジョージ・ハリスン・ディスコグラフィー~オリジナル・アルバム(青山陽一)

【特集】追悼 ジョン・ウェットン

2017年1月31日、ジョン・ウェットンが亡くなりました。ファミリー、キング・クリムゾン、ユーライア・ヒープ、ロキシー・ミュージック…と、数多くの名門ブリティッシュ・ロック・バンドから参加を要請されるほど、その実力とセンスは卓越したものでした。そして、自らが創設メンバーとなったUKとエイジアに象徴されるように、前衛とポップの両面を備えたベーシストでもありました。その稀有な個性はどのようにして育まれていったのか。生い立ちから晩年まで67年間の生涯を追いながら、その秘密に迫っていきます。

  • 多数の名門ロック・バンドを渡り歩いた稀代のベーシストの歩み(奥村裕司)
  • ジョン・ウェットン・ディスコグラフィー~オリジナル・アルバム(舩曳将仁)
 
  • ジム・マッカーティ(ヤードバーズ)
    インタヴュー~オリジナル・メンバーとして今も名門ビート・バンドを支えるドラマーに聞く(犬伏功)
  • アトランティック70周年
    レーベルの特色を俯瞰したソウル/ジャズの名編集盤2タイトルが初CD化(後藤幸浩)
  • ディープ・ソウル/グルーヴィー・ブルース・コレクション
    “パーティ・アルバム”をテーマにしたSSSインターナショナル音源のオムニバス盤3種(平野孝則)
  • 『NIAGARA 45RPM VOX』
    大滝詠一らの若さと熱気が45回転に詰まっている7インチ・ボックス(安田謙一)
  • 井上陽水
    ブレイクのきっかけとなったシングル「夢の中へ」が名手による新規リマスターで甦る(篠原章)
    僕と陽水 44年後の回想(中村冬夫)
  • 松武秀樹
    インタヴュー~日本におけるシンセサイザー・プログラマーの草分けが5枚組ボックスの発売を機に語る(立川芳雄)
  • ビクター・ビンテージ・ロック
    GSからパンクまで膨大なカタログから19タイトルを厳選(ヒロ宗和)
  • ピンク・フロイド
    名匠バーニー・グランドマンによる“アナログ復刻プロジェクト”~その最後を飾る80年代の2作品(武田昭彦)
  • ロイ・オービソン
    豪華メンバーを迎えて復活を印象づけたライヴ『ブラック&ホワイト・ナイト』の真の姿(中村彰秀)
  • 『東京レコード散歩』
    東京を舞台にしたご当地ソング編集盤の第2弾(中村よお)
REGULAR CONTENTS
  • リイシュー・アルバム・ガイド
    国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
    *今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
    *ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
  • インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
  • [連載]写真家ゲレッド・マンコウィッツが語る英国ロックの伝説(佐藤信夫)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/追憶の泰安洋行(長谷川博一)/長門芳郎のマジカル・コネクション/洋楽マン列伝~西貝清氏(篠崎弘)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/続・蒐集奇談(岡田則夫)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7”/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)
 

ページ・トップへ