レコード・コレクターズ
レコード・コレクターズ2011年4月号

レコード・コレクターズ
2011年4月号

定価700円(本体667円)
A5判200ページ
2011年4月1日発行
[雑誌19637-4]


【特集】大滝詠一『ロング・バケイション』

本誌2010年9月号の特集「日本のロック・アルバム・ベスト100~80年代篇」でも1位となった大滝詠一『ロング・バケイション』が2011年で発売から30周年を迎えます。30周年記念の2枚組『ロング・バケイション』(本編に追加のディスク2は“純正カラオケ”)と同時に1970年代のナイアガラのオリジナル・アルバムをまとめた『NIAGARA CD BOOK I』も発売になります。今回の特集では大滝詠一への最新インタヴューとともに1981年の発売当時の『ミュージック・マガジン』でのインタヴューも再録。30年前の時代状況もふりかえりながら、改めてこの名盤の奥深い魅力に向き合ってみませんか。

  • 大滝詠一インタヴュー~20周年盤はよくできてたんだよ。今回のメインは純カラ(オケ)です(萩原健太、湯浅学)
  • 『NIAGARA CD BOOK I』で甦った70年代ナイアガラの全貌(土橋一夫)
  • 『ロンバケ』へ至る音楽的実験の軌跡を辿る(篠原章)
  • 『ロング・バケイション』はいかにしてエヴァーグリーンに…(安田謙一)
  • "夏の扉"を開けたのは松田聖子だった!?~80年代初頭のCBSソニー・サウンド(鈴木啓之)
  • 夏の濃い情景をダイナミックに描き上げた永井博のリゾート感覚溢れるイラスト(編集部)
  • 大滝詠一・再掲載インタヴュー~『ロング・バケイション』でリターン・マッチ(北中正和)
  • 再掲載アルバム・ピックアップ~『ロング・バケイション』(亀渕昭信)
  • 『A LONG VACATION 30th Edition』全曲ガイド(能地祐子)
  • 『ロンバケ』から世界を広げることでより深まっていくその魅力(鈴木祥子)
  • グラフィック・ステーション~『ロング・バケイション』の関連アイテム
【特集】ダリル・ホール&ジョン・オーツ
  • 唯一無二の"ロックン・ソウル"を確立した四十余年のキャリア(金澤寿和)
  • RCA~アリスタ時代のオリジナル・アルバム(林剛)
  • グラフィック・ステーション~ダリル・ホール&ジョン・オーツの紙ジャケット再登場
 
  • チップ・テイラー
    インタヴュー~初来日したカントリーとソウルの二面性を持つソングライター/シンガー(中村彰秀)
  • デイヴ・メイスン
    インタヴュー~60年代後半、ロンドンのスタジオは情報交換の場で、お互いの録音に顔を出すのも当たり前だったな(伊藤秀世、寺田正典)
  • シンディ・ローパー
    インタヴュー~ブルースは男性が歌うものだったけどそれをポピュラーにしたのは女性よ(小出斉)
  • パーシー・スレッジ
    サザン・ソウル・シーン屈指の名バラディアーがアトランティックに残した全録音をまとめた渾身の4枚組(平野孝則)
  • ワーナー・ジャズSACD~SHM仕様
    楽器の存在感が浮き上がってくる円やかなサウンド!(武田昭彦)
  • エルヴィス・プレスリー
    通販のみのベスト・セレクション『エルヴィス・ゴールデン・ストーリーズ』(鈴木喜久雄)
REGULAR CONTENTS
  • リイシュー・アルバム・ガイド
    国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
    *今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
    *ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
  • インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
  • [連載]ビートルズ来日学(宮永正隆)/サンフランシスコ滞在日記(渡辺真也)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/洋楽マン列伝(篠崎弘)/American Rock Lyric Landscape~ロックの歌詞から見えてくるアメリカの風景(ジョージ・カックル)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/ブラウン管の向こうの音楽職人たち(濱田高志)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/ジャズ~ポピュラー・ヴォーカル新作案内(高田敬三)/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)
 

ページ・トップへ