レコード・コレクターズ増刊
ブリティッシュ・ロックVol.2

ブリティッシュ・ロックVol.2

定価2039円(本体1942円)
A5判490ページ
1995年6月25日発行
レコード・コレクターズ 6月増刊号
[雑誌19638-6]

※この商品は表紙等にわずかな傷みのある場合がございます。ご了承ください


レコード・コレクターズの特集記事9本を再編
貴重な資料満載の超おトクなロングセラー!

<もくじ>
  • [カラー口絵]登場アーティストの貴重盤
  • Glam Rock グラム・ロック
    • ギンギラ衣装の裏地は純正キッチュ(北中正和)
    • 次の世代に受け継がれたグラム・ロックの伝統(大鷹俊一[書き下ろし])
    • 70年代前半を彩ったグリッター・ロッカーたち(赤岩和美)
    • グラム・ロックの代表アルバム(赤岩和美)
  • T.Rex T・レックス
    • 極彩色の光芒を放って燃え尽きたエレクトリック・ウォリアー(大鷹俊一)
    • ボランの自然な不自然さ、ふしぎさ、新しさ(近田春夫)
    • オリジナル・アルバム・ガイド(北中正和、大鷹俊一、中村とうよう、加藤彰、鳥井賀句、萩原健太、矢口清治、赤岩和美)
    • エドセルのCDはボーナス・トラック付き(赤岩和美[書き下ろし])
    • ティラノサウルス・レックス以前のマーク・ボラン作品(赤岩和美)
    • 次々に出し続けられた編集盤(赤岩和美)
    • テレビ中心の映像事情が示すアイドル性(大鷹俊一)
    • ボランの美意識はヨーロッパを超えていた(中村とうよう)
  • David Bowie デイヴィッド・ボウイ
    • 仮面の下に隠された“自己”を探しつづけたボウイ(小野島大[書き下ろし])
    • “サウンド&ヴィジョン”に浮かぶ孤独な英雄(サエキけんぞう)
    • オリジナル・アルバム・ガイド
      67~72年 SF的なキャンプ感覚でグラム・ロッカーに(植村和紀)
       各種ジャケットが混在するセカンドとサード(吉村栄一[書き下ろし])
      72~74年 “異星人”を演じて生まれた過剰な美(北中正和)
      74~76年 ソウルに接近する戦略でアメリカに進出(小野島大)
      77~78年 イーノらとの接触で得たヨーロッパ的美学(大鷹俊一)
      79年~ 新たなポップ・スター像を求めて試行錯誤(立川芳雄)
    • 編集盤、オリジナル・アルバム未収録曲(吉村栄一)
    • デイヴィッド・ボウイのシングル・リスト(作成=吉村栄一)
    • 演技者としても個性を発揮する映像作品(大鷹俊一)
    • ボウイを支えたアーティストたち(赤岩和美)
    • プロデュース/参加レコード(吉村栄一)
  • Roxy Music ロクシー・ミュージック
    • 独自の芸術論で生み出した しなやかな音空間(和久井光司)
    • 「前衛」バンドがたどりついた様式美(立川芳雄)
    • オリジナル・アルバム・ガイド(大鷹俊一、植村和紀、小野島大、広川裕、安斎明定、サエキけんぞう、和久井光司、佐野光彦、高橋道彦)
    • 代表曲を収録したベスト盤(植村和紀)
    • フェリーが内包する黒人音楽の「素」(和久井光司)
    • オリジナル・アルバム未収録音源(赤岩和美)
    • ロクシー・ミュージック/ブライアン・フェリーのシングル・リスト(作成=赤岩和美)
    • ロクシー・ミュージック人脈図(作成=赤岩和美)
    • 映像から伝わるスタイリッシュな個性(大鷹俊一)
    • アンチ・ダンディズム~ブライアン・フェリー私論(長島信弘)
    • イーノが“ノン・ミュージシャン”として果たした役割(小山哲人)
    • マンザネラ、マッケイのアルバム(小山哲人)
    • ロクシー・ミュージック関係者名鑑(赤岩和美)
  • Queen クィーン
    • イギリスの国民的ロック・バンドの華麗なる足跡(矢口清治)
    • 実験を重ね娯楽性を追及した音作り(立川芳雄)
    • フレディが持っていたギリギリのポップ・センス(田中勝則)
    • 正式デビュー以前の4人の活動を追う(伊藤秀世)
    • オリジナル・アルバム・ガイド(北井康仁、小野島大、大鷹俊一、三宅はるお、赤岩和美、和久井光司、芳賀崇、矢口清治)
    • 米ハリウッド社のCDに注目(小野島大)
    • 英国盤シングルとアルバム未収録曲(和久井光司)
    • クィーンのシングル・リスト(作成=和久井光司)
    • メンバーのソロ/セッション活動(芳賀崇)
    • クリエイティヴな演出が光る映像作品(北井康仁)
  • King Crimson キング・クリムズン
    • “支配者”フリップを中心に動き続けるクリムズン(赤岩和美[書き下ろし])
    • ロバート・フリップの知性が生んだ新しいロック概念(山岸伸一)
    • オリジナル・アルバム・ガイド(大鷹俊一、赤岩和美、鳥井賀句、塚田千春、松山晋也)
    • クリムズン、フリップ関連のヴィデオ(大鷹俊一[書き下ろし]
    • フリップの意思が反映された編集盤(小野島大[書き下ろし])
    • 第3期クリムズンのライヴを集大成したボックス(小野島大)
    • ロバート・フリップのソロ活動(山岸伸一[書き下ろし])
    • 参加ミュージシャン名鑑(赤岩和美)
  • Yes イエス
    • “絶え間なき変化”を繰り返すイエスの足跡(梶世紀子)
    • オリジナル・アルバム・ガイド
      68~71年 様々な要素が混沌とした初期の音(植村和紀)
      71~73年 変幻自在に構築された黄金期の作品(山岸伸一)
      73~74年 頂点を極めた後の試行錯誤(立川芳雄)
      77~80年 ポップ色を大胆に打ち出した新展開(大鷹俊一)
       ジャケットを飾ったディーン、ヒプノシスの作品(大鷹俊一)
      83~87年 ハード・ロック的な音で生まれ変わる(米持孝秋)
      89年~ 完成されたサウンドから次の展開へ(鮎澤裕之[書き下ろし])
    • イエスの編集CD(片山伸[書き下ろし])
    • イエス/メンバーの映像作品(赤岩和美[書き下ろし])
    • イエスに参加したミュージシャンのレコード(1)(笹川孝司)
    • イエスに参加したミュージシャンのレコード(2)(赤岩和美)
  • Genesis ジェネシス
    • 独自の“英国流”を醸し出すジェネシスの活動(和久井光司[書き下ろし])
    • ジェネシス人脈図(作成=赤岩和美)
    • 対照的な世界を作ったジェネシスのふたり(鈴木博文)
    • オリジナル・アルバム・ガイド
      69~74年 ゲイブリエルの内面を映し出した前期(立川芳雄)
      76年~ ポップ感覚で大きな人気を獲得した後期(山岸伸一)
    • オリジナル・アルバム未収録音源(片山伸)
    • ジェネシスのシングル・リスト(作成=片山伸)
    • メンバーのソロ活動
      ピーター・ゲイブリエル(大鷹俊一)
      フィル・コリンズ(山岸伸一)
      アンソニー・フィリップス(笹川孝司)
      スティーヴ・ハケット(赤岩和美)
      トニー・バンクス(笹川孝司)
      マイク・ラザフォード(立川芳雄)
    • 多彩な音楽性を映像で楽しむ(赤岩和美)
  • Pink Froyd ピンク・フロイド
    • 内なる狂気を暴くシリアスな表現者集団(小野島大)
    • 精神の解放が行きついたシド・バレットの極限美(大鷹俊一)
    • シド・バレット・アルバム・ガイド(小山哲人)
    • オリジナル・アルバム・ガイド(小山哲人、小野島大、立川芳雄、大鷹俊一、山岸伸一、宮部知彦、佐藤晃彦、和久井光司、松山晋也)
    • オリジナル・アルバム未収録音源(佐藤晃彦)
    • ピンク・フロイドのレコード・リスト
    • メンバーのソロ・アルバム(赤岩和美)
    • 初期フロイドを支えた豪華な裏方たち(伊藤秀世)
    • サウンドに劣らず先鋭的な映像作品(宮部知彦)
  • グループ名・人名索引
  • 後記
 

ページ・トップへ