ミュージック・マガジン増刊
スペシャル・エディション パート2 1974-1977

スペシャル・エディション
パート2 1974-1977

中村とうよう(責任編集)
定価2039円(本体1942円)
A5判448ページ
1996年6月25日発行
ミュージック・マガジン6月増刊号
[雑誌08480-6]


ニューミュージック・マガジン70年代中期3年分の記事からピックアップ収録した永久保存版

<もくじ>
  • まえがき
  • ジョン・レノン大いに語る[72年1月号](矢野純一)
  • ロック・マニエリスムの到来か?~デカダンスとノスタルジアの氾濫[74年6月号](今野雄二)
  • ロック・ミュージシャンのおかれている状況~“リラックス”と“レイド・バック”をめぐって[75年1月号](福田一郎、湯川れい子、折田育造、石坂敬一、中村とうよう)
  • BLACK ENGLISH、あるいはハッスラー・コンベンションのきこえてくるところ[74年9月号](白石かずこ、写真=吉田ルイ子)
  • たそがれのギャングたちに心を奪われた話~久保田麻琴と夕焼け楽団を聞いて[74年9月号](北中正和)
  • 俺の見たワンステップ・フェスティバル白書[74年10月号](内田裕也、写真=森脇美喜夫)
  • とうようズ・トーク(ワンステップ・フェスの感想)[74年10月号](中村とうよう)
  • ニューヨークのアパートに戻ってきて、夜中の三時にベッドの上で想った事[74年12月号](小野洋子)
  • ブルース・フェスティバルの開催にあたって[74年11月号](中村とうよう)
  • 大きく盛り上がったブルース・フェスティバル[75年1月号](ルポ=中村とうよう、スケッチ=後藤一之、写真=柳沢信、井出情児)
  • ブルースの聴衆に望みたいこと~バディ・ガイにのけぞる前にちょっと考えてほしい[75年3月号](日暮泰文)
  • 日本の土を踏んだジュニア、バディたち[75年4月号](中村とうよう、写真=井出情児)
  • ジュニア・ウェルズはやっぱりすごかった―沸きに沸いた第2回ブルース・フェス[75年5月号](中村とうよう、写真=井出情児)
  • 幕をあけた第三回ブルース・フェス[75年9月号](中村とうよう、写真=井出情児)
  • ビューティフルだったワールド・ロック・フェスティバル[75年10月号](大貫憲章、写真=ボブ・グル-エン)
  • BLUES GIANTS[74年11月増刊号『ブルースのすべて』]
    • ライトニン・ホプキンス(矢吹申彦、イラストレイション=小島武)
    • ジョン・リー・フッカー(福田一郎、イラストレイション=湯村輝彦)
    • B.B.キング(井上堯之、イラストレイション=及川正通)
  • ミッドウェスト・ブルースの思い出[74年11月増刊号『ブルースのすべて』](後藤一之)
  • ブルースの民俗的なものと商業的なもの[75年6月号](中村とうよう×日暮泰文)
  • 国境のタコス屋で、ソースのきいたウィリー・コローンを聞いてみよう[74年11月号](河村要助)
  • 感じるこころのままの音楽を~ポール・ロジャースと語る[74年11月号](大貫憲章)
  • ロウエル・ジョージ・インタヴュー[75年3月号](小倉エージ)
  • なぜかぼくはドゥービー・ブラザーズのうしろにモビー・グレープを感じてしまう[75年7月号](細野晴臣)
  • どっと発売されるサルサのレコード[75年11月号](中村とうよう)
  • 垣間みたブラック・ミュージックの現状[75年10月号](日暮泰文)
  • 再びアングラ化したイギリスのロック~パブ・ロック・ムーヴメントにみるブリティッシュ・ロックの現状[75年12月号](大貫憲章)
  • 8年間に3枚のアルバムを出した男、V・D・パークス[76年1月号](小倉エージ)
  • ポール来日中止の投げかけた波紋[76年1月号](中村とうよう)
  • マザーズ記者会見の記録[76年4月号](聞き取り=スージー・カオワン、訳=中村とうよう)
  • ニール・ヤングが背負い込んだ時代の重荷[76年6月号](北中正和、イラストレイション=渋谷則夫)
  • 緊急発言 危険なドラッグを追放しよう[76年7月号](中村とうよう)
  • ビートルズの主題による変奏曲[76年8月号]
    • Please, Please Me(鈴木志郎康)
    • Something(康珍化)
    • Help(樹木希林)
    • Rain(矢吹申彦)
    • Eleanor Rigby(小島武)
    • Hello, Goodbye(福島泰樹)
    • Ticket To Ride(相倉久人)
  • ビーチ・ボーイズの偉大な15年~波乱に富んだその歩みを徹底追跡[76年9、10月号](亀渕昭信×小倉エージ)
  • 音楽の表面をはがした、その下にあるもの[76年10月号](細野晴臣)
  • 孤独なニューヨークを歌う女性シンガーたち[76年5月号](湯川れい子)
  • どうしても男とは違う女のうた[77年2月号](湯川れい子、イラストレイション=矢吹申彦)
  • ついにこの目でみたザ・バンド[76年11月号](小倉エージ、イラストレイション=矢吹申彦)
  • 70年代を生きるボブ・ディラン 衝撃のローリング・サンダー・レヴュー[76年12月号](小倉エージ)
  • ニューヨークとロンドンの街角に育ったパンク・ロック[76年12月号](大貫憲章)
  • 大洪水の前に、ぼくはジャクスン・ブラウンを聞いた[77年1月号](北中正和、イラストレイション=矢吹申彦)
  • プロデューサーは精神病のお医者さんみたいなもの~トッド・ラングレン・インタヴュー[77年2月号](インタヴューワー=小倉エージ、写真=菅原光博)
  • グッバイ ベイビィ アンド フェアウェル[76年7月号](小島武)
  • ペーパー・トリップ~ぼくの目線をよぎったブライアンとレナード[75年8月号](相倉久人)
  • ヨーロッパ文明の流れの中でのロック~ロック界のさまざまな現象の本質を解き明かすための試み[76年8月号](相倉久人×中村とうよう)
  • ロックトピアからの脱出[77年1月号](相倉久人、イラストレイション=小島武)
  • ことばの余白に肉体が踊る~マスコミの中の音楽 歌謡曲とその周辺[77年3月号](座談会=相倉久人×宇崎竜堂×阿木燿子×岡林信康)
  • とうようズ・トーク(建国200年を迎えるアメリカ合衆国)[76年7月号](中村とうよう)
  • ニュー・スター登場
    • ザ・ウェイラーズ[74年4月号](中村とうよう)
    • ドクター・フィールグッド[75年9月号](大貫憲章)
    • ダリル・ホール&ジョン・オーツ[75年11月号](大貫憲章)
    • エミルー・ハリス[76年4月号](北中正和)
    • スプリット・エンズ[77年2月号](大貫憲章)
  • お知らせ
    • ポール・サイモンがもうすぐ[74年4月号]
    • ヨーコさん迎えて大集会?[74年5月号]
    • ヨーコさん、5か所で公演[74年6月号]
    • 日本で初めて本場のブルースを[74年9月号]
    • 第2回ブルース・フェス[75年2月号]
    • クラプトンは凄い人気[74年11月号]
    • スティーヴィ・ワンダー[75年2月号]
    • クィーンが突如来日決定[75年4月号]
    • ルー・リード[75年6月号]
    • 第3回ブルース・フェス[75年8月号]
    • ドゥービー・ブラザーズ[76年1月号]
    • ザッパ&マザーズ[76年2月号]
    • マガジンでFM番組を制作[76年3月号]
    • ニール・ヤング[76年3月号]
    • ファニア・オール・スターズ[76年8月号]
    • エリック・アンダースン[76年9月号]
    • トッド・ラングレン[76年12月号]
    • ジャクスン・ブラウン[77年3月号]
    • ローリング・ココナッツ・レヴュー[77年3月号]
  • ニュース
    • ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バンド新譜延期[74年4月号]
    • ゲイリー・グリッター、ローデシア公演中止[74年4月号]
    • ティン・パン・アレイ活動開始[74年9月号]
    • 米黒人ミュージシャンがザイールで公演[74年11月号]
    • キング・クリムゾンが解散[74年11月号]
    • 荻窪ロフト、吉祥寺・曼荼羅が新たに開店[75年1月号]
    • ストーンズからミック・テイラー脱退[75年2月号]
    • キャス・エリオット、ロンドンで急死[74年10月号]
    • ストーンズにロン・ウッド加入[75年6月号]
    • 日本のRCAがファニアと契約[75年8月号]
    • ボブ・ディランの米北東部ツアー[76年1月号]
    • 心臓発作でルイ・ジョーダン死亡[75年4月号]
    • Tボーン・ウォーカー、肺炎で死亡[75年5月号]
    • ハウリン・ウルフがシカゴの病院で死亡[76年3月号]
    • ファニアASの公演にウィンウッド出演[76年4月号]
    • 豊田勇造の自主制作盤[76年5月号]
    • 矢野顕子がソロ・アルバムを収録済み[76年6月号]
    • ロックに急接近する米大統領候補[76年8月号]
    • オールマン・ブラザーズ・バンド解散[76年9月号]
    • レノン、米グリーン・カード取得[76年10月号]
    • ライ・クーダーの米南部ツアー[76年12月号]
    • スプリングスティーンと周辺の状況[77年1月号]
    • リンダ・ルイスがミュージカルに出演[77年1月号]
    • ボブ・マーリー、銃撃を受ける[77年2月号]
    • マックス・ローチと山城組が共演[77年3月号]
    • ポール・コソフが飛行機内で死亡[77年5月号]
    • キース・レルフが感電死[76年7月号]
    • 謎の死を遂げたトミー・ボーリン[77年2月号]
  • ミニ・レヴュー
    • ファッツ・ドミノ東京公演[74年4月号](河村要助)
    • ポール・サイモン大阪公演[74年5月号](中村とうよう)
    • キャット・スティーヴンス、リンダ・ルイス東京公演[74年8月号](湯川れい子)
    • 久保田麻琴と夕焼け楽団+めんたんぴん[74年8月号](北中正和)
    • エリック・クラプトン東京公演[74年12月号](小倉エージ)
    • アート・アンサンブル・オブ・シカゴ東京公演[75年1月号](中村とうよう)
    • スティーヴィー・ワンダー東京公演[75年3月号](小倉エージ)
    • 『ボブ・ディラン全詩集』[74年6月号](北中正和)
    • 『ローリングストーン・インタヴュー集1、2』[74年11月号](浜野サトル)
    • クイーン東京公演[75年6月号](大貫憲章)
    • ルー・リード東京公演[75年9月号](湯川れい子)
    • ステイタス・クォー東京公演[75年11月号](大貫憲章)
    • エリック・クラプトン東京公演[75年12月号](中村とうよう)
    • ミリー・ジャクスン東京公演[76年1月号](湯川れい子)
    • イーグルズ大阪公演[76年3月号](中村とうよう)
    • フランク・ザッパ東京公演[76年3月号](宮澤壯佳)
    • ヤング・ミュージック・ショー「アメリカン・ロック特集」
    • 『ロックの意味』ウィリアム・シェイファ著[75年9月号](北中正和)
    • 『ミック・ジャガー』アンソニー・スカデュト著[75年10月号](湯川れい子)
    • 『ニューヨーク・ブルース』ポール・ウィリアムズ著[75年12月号]
    • 第2回ワールド・ロック・フェスティバル東京公演[76年10月号]
    • 大貫妙子プレミアム・ショー[76年12月号](小倉エージ)
    • 薩摩琵琶古典研究所第4回薩摩琵琶演奏会/日本音楽の流れ第三回 琵琶[76年12月号](北中正和)
    • ムニール・バシール演奏会[77年1月号](中村とうよう)
    • リッチー・ブラックモアズ・レインボウ東京公演[77年1月号](大貫憲章)
    • ロビン・トロワー東京公演[77年3月号](伊藤政則)
    • ミスター・タモリ・ショー[76年4月号](糸井重里)
    • 大殺陣!大会[76年8月号](佐藤B作)
    • ナショナル・ランプーン アメリカン・パロディ展[76年11月号](小島武)
    • 東京デザイナーズ・スペース[76年11月号](田中一光)
    • 『Our Latin Thing』[76年5月号』(河村要助)
    • 『ザ・ハーダー・ゼイ・カム』[76年11月号](吉田ルイ子)
    • 『機械じかけの玉手箱~ロック時代への乱反射』相倉久人著[76年1月号](北中正和)
    • 『黒い積荷』ダニエル・マニックス著[76年6月号](中村とうよう)
    • 『さよならペンギン』え・湯村輝彦 ぶん・糸井重里[76年6月号](和田誠)
    • 『自分の生き方をさがしている人のために』ジェリー・ガルシア+チャールズ・ライク著[76年8月号](成海伸之)
    • 『限りなく透明に近いブルー』村上龍著[76年9月号](糸井重里)
    • 『アメリカ人~大量消費社会の生活と文化』ダニエル・ブアスティン著[76年10月号](相倉久人
    • 『アフリカの魂を求めて』ヤンハインツ・ヤーン[77年3月号](中村とうよう)
    • 『森の民』コリン・M・ターンブル著[77年2月号](中村とうよう)
  • 今月のレコード(主なもの)
    • ボブ・ディラン『プラネット・ウェイヴ』[74年4月号]
    • Tボーン・ウォーカー『モダン・ブルースの父』[74年8月号]
    • エリック・クラプトン『461オーシャン・ブールヴァード』[74年10月号]
    • ジョン・レノン『ロックン・ロール』[75年5月号]
    • クラフトワーク"Autobahn"[75年6月号]
    • バッド・カンパニー『ストレート・シューター』[75年6月号]
    • ブラック・ミュージックの伝統(上・下)[75年7月号]
    • エルトン・ジョン『キャプテン・ファンタスティック・アンド・ブラウン・ダート・カウボーイ』[75年8月号]
    • ウィングス『ヴィーナス・アンド・マース』[75年8月号]
    • ボブ・ディラン&ザ・バンド『地下室』[75年9月号]
    • ブルース・スプリングスティーン『明日なき暴走』[75年11月号]
    • リトル・フィート『ラスト・レコード・アルバム』[76年1月号]
    • ザ・バンド『南十字星』[76年2月号]
    • クィーン『オペラ座の夜』[76年2月号]
    • ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ『ライヴ!』[76年4月号]
    • ジェフ・ベック『ワイアード』[76年8月号]
    • 細野晴臣『泰安洋行』(76年9月号)
    • スティーヴィ・ワンダー『キー・オブ・ライフ』[76年11月号]
    • ライ・クーダー『チキン・スキン・ミュージック』[75年12月号]
    • レッド・ツェッペリン『永遠の詩』[76年12月号]
    • 大滝詠一『ゴー!ゴー!ナイアガラ』[76年12月号]
    • イーグルズ『ホテル・カリフォルニア』[77年2月号]
    • 「今月のレコード」索引
  • レターズ
    • とうよう氏への疑問と反論[74年5月号]
    • ワンステップの連帯感[74年12月号]
    • もっとラテンの記事を[75年2月号]
    • レコードは僕の先生だった[75年4月号]
    • どうも解せないレイド・バック[75年8月号]
    • ギャラガーは名ギタリスト[75年10月号]
    • 「今月のレコード」への八つ当たり[76年1月号]
    • 『地下室』の隠された意味[76年2月号]
    • 一発くらわされたザッパ[76年5月号]
    • 美奈子と細野[76年10月号]
    • “まつり”のあとで感じたこと[76年11月号]
    • 音楽にとって知識の持つ意味[76年12月号]
    • すてきな母の音楽観[77年2月号]
  • 後記
 

ページ・トップへ