レコード・コレクターズ2016年12月号

December
11月15日発売

レコード・コレクターズ
2016年12月号

定価823円(本体762円)
A5判248ページ
2016年12月1日発行
[雑誌19637-12]


【特集】ピンク・フロイド──進化の夜明け

初期のピンク・フロイドの膨大な未発表音源がまとめられ、27枚組のボックス・セットでリリースされます。未発表曲、BBCセッションやライヴ・テイク、リミックスに貴重な映像の数々まで、CD/Blu-ray/DVDに詰め込んだ驚愕のヴォリュームです。シド・バレット在籍時から、まもなくデイヴィッド・ギルモアが参加し、わずかな期間に音楽性も変貌し唯一無二のスタイルを作り上げる、その変遷を音と映像で辿れることになりました。日本のファンには伝説的な1971年の“箱根アフロディーテ”の映像が収録されていることも、大きな話題となりそうなボックスの登場です。

  • 肉体性を消し去って生まれた初期ピンク・フロイドの巨大な幻想空間(小山哲人)
  • ヒストリー(松井巧)
  • 71年8月、箱根アフロディーテ(岡井大二×保科好宏)
  • ピンク・フロイド 1967-1972 ディスコグラフィー
    オリジナル・アルバム/編集アルバム(坂本理)
    シングル(松井巧)
  • 『アーリー・イヤーズ・クリエイション 1967-1972』解説(武田昭彦)
  • 27枚組ボックス “The Early Years 1965-1972” 解説(石川真一)

【特集】ジェフ・ベック『ワイアード』

全米4位の大ヒットを記録したギター・インスト・アルバムの金字塔『ブロウ・バイ・ブロウ』の成功を受け、ジェフ・ベックは再びジョージ・マーティンをプロデューサーに迎えますが、方向性の違いにより二人は実質的に決裂します。代わりにヤン・ハマーがプロデューサー的な役割を担い、ナラダ・マイケル・ウォルデンらと共に制作した『ワイアード』(1976年)は、ロック史に名を刻む、前作に比肩するインスト名盤となりました。今回リリースされた、オリジナル盤とは異なるミックスも収録の“SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション”の解説はもちろん、参謀役を務めたヤン・ハマーやナラダ・マイケル・ウォルデンのキャリアまで、多角的な視点で『ワイアード』の背景に迫っていきます。

  • 一発テイクのように感じるけど、前作とは違った緻密さで作り込まれている(大槻啓之×近藤正義)
  • 全曲ガイド(中重雄)
  • グラフィック・ステーション~『ワイアード』のオリジナル盤ほか(真保安一郎/紙ジャケ探検隊)
  • SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション解説(近藤正義)
  • バック・メンバー解説~ヤン・ハマー/ナラダ・マイケル・ウォルデン/エド・グリーン/ウィルバー・バスコムのキャリアを概観(金澤寿和)
  • ヤン・ハマーとPM/ECMレーベル関連ミュージシャンとの交流(松尾史朗)

【特集】デイヴィッド・ボウイ 1974-1976

1973年のライヴ活動停止宣言を撤回したデイヴィッド・ボウイは『ダイアモンドの犬』をリリースした後、巨大なセットを擁して北米ツアーに乗り出します。その後、ジョン・レノンとの共作シングル「フェイム」での初の全米No.1獲得と最新のソウル・ミュージックへの接近、映画『地球に落ちて来た男』への出演などを経て、再度、自身の異邦人/欧州人としてのアイデンティティに立ち返り、ベルリン三部作に繋がる新境地『ステイション・トゥ・ステイション』へと至りました。キャリアの集大成ボックス第2弾『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? 1974-1976』発売に合わせ、ボウイにとって激動の時代となった3年間を振り返ります。

  • ジギー・スターダストの影を抜け、変容を模索した“異星の客”の歩み(赤岩和美)
  • 『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? 1974-1976』解説(サエキけんぞう)
  • 音楽劇『ラザルス』のオリジナル・キャスト版(安田謙一)
  • 『レガシー~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ』(赤尾美香)
  • 初音盤化となった主演映画サウンドトラック『地球に落ちて来た男』(赤尾美香)
 
  • ザ・ビートルズ
    『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』の詳細を細部にわたって再検証(森山直明)
  • クイーン
    残された素材を漏らさず網羅してファンの悲願をかなえたBBC音源(北井康仁)
  • マーク・スチュワート(ザ・ポップ・グループ)
    インタヴュー~デニス・ボーヴェルと久々に組んだ新作について大いに語る(行川和彦)
  • ビーチ・ボーイズ
    新たな事実や証言も飛び出す最新ドキュメンタリー『ペット・サウンズ・ストーリー』が登場(鰐部知範)
    初期の貴重音源<モーガン・テープス>の全貌が、ついに明らかに~“Becoming The Beach Boys”(中村彰秀)
  • レゾナンス・レコーズ
    “ジャズ界の新発掘王”ゼヴ・フェルドマンが語る驚きのリイシューの裏事情(原田和典)
  • エルヴィス・プレスリー
    トレンドにハマってイギリスで大ヒットした、オーケストラとの“共演”アルバム(宇田和弘)
  • ジャズ・マスターズ・コレクション1200
    新たにパーロフォン系も加わったジャズ・アルバム廉価復刻シリーズ(後藤幸浩)
REGULAR CONTENTS
  • リイシュー・アルバム・ガイド
    国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
    *今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
    *ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
  • インフォ・ステーション……ニュース、書評、コンサート情報など
  • [連載]写真家ゲレッド・マンコウィッツが語る英国ロックの伝説(佐藤信夫)/ビートルズ来日学(宮永正隆)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/追憶の泰安洋行(長谷川博一)/長門芳郎のマジカル・コネクション/洋楽マン列伝~藤田要氏(篠崎弘)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/続・蒐集奇談(岡田則夫)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7”/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)

バック・ナンバー

 

ページ・トップへ